概要

Home > 井邑約 > 概要

地理

地理

全羅北道西南部に位置する井邑市は大都市全州と光州の中間地点にあり、湖南西海岸地方をむすぶ交通の要地。東経127度07分から126度43分、北緯35度27分 で北緯35度45分の間にあります。

地理
位置 地名 座標
全羅北道 井邑市 忠正路 234 東端 井邑市 山内面 宗聖里 5 東経
127°07′10″
西端 井邑市 古阜面 白雲里 1204 東経
126°43′15″
南端 井邑市 笠岩面 登川里 山 186 北緯
35°27′35″
北端 井邑市 甘谷面 三坪里 470-1 北緯
35°45′22″

面積及び人口

総面積は692.91㎢で全羅北道内6市のうち2位で、人口は116,006人で1㎢当たりの人口密度は167.4名。 (2017. 12. 31)

地形及び地勢

井邑市は南東に位置する盧嶺山脈の幹で山勢が秀麗な内蔵山国立公園と笠岩山が連なる北西の方の農所洞と上坪洞を貫く湖南線鉄道と高速道路及び国道3つの路線がつながり西海岸地方の交通の要地となっており、北西には平野が広がり、有名な東進平野をつくり、地勢に沿って北西に流れている。玉井湖を水源地として東進江が東南端の内蔵山から流れている井邑川と合流して扶安郡と境界を成して黄海に流れ、その流域には灌漑地として土地が肥沃で農業に適している。

気候

大陸性気候圈に属するが、冬には三寒四温が顕著に見られ、年平均は12.8度、過去最高気温37.5度(1990年8月)、最低気温は-14.4度(1974年12月)と記録されています。年平均降水量は約1.538mmで、風向風速は季節風の影響を受け、風向は南風及び北西風のことが多く、年平均風速は1.2m/sec。